ローリスク不動産投資

不動産投資のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

レインズ(REINS)とは!?

f:id:keiichi2017:20171009100918j:plain

レインズ(REINS)とは!?

レインズ(REINS)とは、REAL ESTATE INFORMATION NETWORK SYSTEM(不動産流通標準情報システム)の略称で、全国4か所の不動産流通機構が運営している不動産情報交換のためのネットワーク・オンラインシステムです。

 

土地、戸建て、マンション等を売却したい場合、購入したい場合は、通常不動産仲介会社(宅地建物取引業者)に依頼をします。依頼者が不動産業者に依頼をすることを媒介といいますが、昔は、店頭貼り紙や新聞広告などの情報交換に頼っていましたが、迅速性に欠けていること、また多くの人の目に止まりません。そのため、広範囲にスピーディに物件の検索を行うために、平成2年からレインズが導入されました。

 

レインズの仕組み

レインズの仕組みを見ていきましょう。下記の図を参照ください。

f:id:keiichi2017:20171009105208j:plain

 

不動産の売却

不動産を売却したい場合、不動産会社に依頼をします。これを媒介契約といいます。媒介契約には、専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約があります。詳しくは、下記の過去の記事を参照ください。

www.fudousantousinavi.com

不動産を売却したい場合、不動産会社Aに売却依頼をします。不動産会社Aは、レインズに売却物件の登録をします。これによって、売却希望者の物件は、不動産会社がレインズにアクセスするとどの会社でも見ることができるようになります。売却情報をスピーディーに広範囲に広めてくれる一つのツールがレインズとうことです。 

 

なお、専任媒介契約はレインズ登録が義務になりますが、一般媒介契約は必ずしもレインズ登録しなければないらないわけではありません。

 

不動産の購入

不動産を購入したい場合、不動産会社Bに依頼をします。依頼者から価格やエリア、条件をヒアリングし、その内容に沿って物件を探します。この時に、レインズにアクセスして価格やエリア、条件にあった物件を検索することになります。購入の際もスピーディに広範囲に物件を探索することができるのがレインズということになります。

 

レインズは、不動産業界のみが見ることができるツールです。私自身は、レインズは一般公開すべきツールだと思っています。そんな日がくることを待っています。

© 2017 KEIICHI