ローリスク不動産投資

不動産のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

連帯保証人vs家賃保証会社

f:id:keiichi2017:20180404152643j:plain

 

 連帯保証人がいない場合は、お部屋を借りれるか?

通常、お部屋を借りる際に、賃貸借契約を締結しますが、連帯保証人が必要とされることが一般的です。連帯保証人がたてられない場合はお部屋を借りれるのでしょうか。

連帯保証人は、借主と連帯して賃料支払いなどの債務を負担します。そのため、家賃を滞納した時には、代わりに賃料を支払わなければなりません。役目としては決して軽いものではありません。また、連帯保証人は親などの親族がなるケースが多いです。友人は、避けた方がいいでしょう。

何らかの理由で、連帯保証人をたてられない場合、家賃保証会社を利用します。家賃保証会社は、家賃保証会社に一定の保証料を支払うことによって、借主に賃料不払いが発生した場合に、家賃保証会社が賃料を保証する仕組みです。

 

家賃保証会社の費用、相場は?

家賃保証会社の保証料は、どれくらいなのでしょうか。当然ながら、保証会社のプランなどによって異なります。そのため、あくまで目安にしかなりませんが、契約時の初回保証委託料が賃料の0.2ヶ月~1ヶ月程度まででしょう。なお、更新時は、1年ごとに1万円や2年ごとに1万5千円といったケースであったり、2年ごとの更新時賃料の〇%などといった場合があります。

 

 

連帯保証人がいても、保証会社に入らないとダメ?

連帯保証人がいても保証会社に入って下さいというケースがあります。つまり、連帯保証人と保証会社2つを求められるということです。

まず、連帯保証人が求められた後に保証会社も求められる理由としては、連帯保証人が家賃に見合う支払能力(連帯保証人の年収が低いなど)が足りない時などに求められます。

次に、保証会社と連帯保証人を共に求められる場合もあります。保証会社は、家賃の保証をしますが、連帯保証人であれば、例えば入居者のトラブルや近隣に迷惑をかけてしまった場合などの連絡が出来たりします。そのため、保証会社に加入してもらい連帯保証人を付けることも多いのが実態です。

このようなケースがあった場合は、不動産会社の担当者に聞いてみましょう。答えてくれると思います。

 
 

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

 

© 2017 KEIICHI