ローリスク不動産投資

不動産のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

更地にしたら固定資産税が数倍になった!?

 

f:id:keiichi2017:20180120133131j:plain

固定資産税等とは

固定資産税等とは、固定資産税と都市計画税があります。固定資産税とは、毎年1月1日現在の土地、家屋及び償却資産の所有者に対して、その固定資産の価格をもとに算定される税額をその固定資産の所在する市町村が課税する税金です。都市計画税とは、都市計画事業又は土地区画整理事業に要する費用に充てるために、目的税として課税されるものです。

 

なぜ、更地にしたら固定資産税が数倍になったのか!?

古い建物を壊して更地にしてみたら、建物が建っていた時よりも固定資産税が高くなりました。これはなぜでしょうか!?

これは、住宅用地の特例があるためです。住宅用地の特例は、税負担を軽減する目的から、課税標準の特例措置が設けられています。住宅用地の特例措置を適用した額は、住宅用地の区分、固定資産税及び都市計画税に応じて区分されます。

 

  1. 小規模宅地:住宅用地で住宅1戸につき200㎡までの部分は、固定資産税が価格の6分の1、都市計画税が価格の3分の1
  2. 一般住宅地:小規模住宅用地以外の住宅地は、固定資産税が価格の3分の1、都市計画税が価格の3分の2

 

この特例があることから更地にしたら、固定資産税が6倍になったと言われることがあります。実際には、都市計画税は、小規模宅地で3分の1、一般住宅地で3分の2であるため、6倍ということはないですが、高くなるということになります。

 

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

 

© 2017 KEIICHI