ローリスク不動産投資

不動産のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

立退きの際の「正当事由」とは!?

f:id:keiichi2017:20180425161124j:plain

更新拒絶出来る時は?

オーナーは、賃貸借契約を勝手に更新拒絶できるわけではありません。更新を拒絶しても妥当といえるほどの正当な事由がない限り更新を拒絶することはできません。正当事由とはどのようなものがあるのでしょうか。見ていきましょう。

 

正当事由とは具体的にどんなもの?

まず、正当事由は、誰にとっての正当事由かという点があります。オーナーにとっての正当事由、賃借人にとっての事情、契約で定めた事情に分けられます。

 

オーナーにとっての正当事由

オーナーが立退きを申し出なければならない事情として、

  1. オーナーまたはオーナーの家族が賃貸建物を居住として使用する必要がある場合。具体例として、オーナーが住んでいる建物が災害で崩壊した場合などが考えられます。
  2. 賃貸建物の劣化や老朽化のために大幅な修繕や新築が必要な場合。具体例として、建物の老朽化が著しく、安全に居住することが不可能になった場合などが考えられます。
  3. 相続などの事情でオーナーが変わり、土地を売却する必要な場合。建物を売却しなければ、相続税の支払いができないなど、金銭的な問題の場合が考えられます。

 

賃借人にとっての事情

  1. 賃借人が賃貸建物を住居として使用しなければならない理由がある場合
  2. 賃借人が賃貸建物を営業目的で使用しなければならない理由
  3. 賃借人が賃貸建物を長い期間にわたって使用してきている場合

賃借人側の事情を考慮する際のポイントは、賃借人が他の賃貸建物に転居できるか、他の建物を購入する経済力があるかどうかがポイントです。また、店舗のような営業目的の場合、顧客との間で作り上げた関係は財産であるため、退去することはハードルが高く仮に立退料を支払うにしても地域を去ることの損失が立退料に反映されるでしょう。

 

 

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

 

© 2017 KEIICHI