ローリスク不動産投資

不動産投資をいかにリスクを最小限にするか、不動産投資への独自コメント、豆知識、不動産投資本の紹介を通してお話していきます

不動産の売却。専任媒介と一般媒介はどっちがいい?

f:id:keiichi2017:20170909234253j:plain

媒介契約とは?

不動産を売却する時などには、不動産会社に依頼をすることになります。この場合、依頼者は、不動産会社と契約をすることになります。この契約を媒介契約といいます。

 

媒介契約に記載されている主な内容は、下記の通りです。

  • 媒介契約の種類(専属専任、専任媒介、一般)
  • 物件の表示
  • 有効期間
  • 指定流通機構への登録
  • 媒介価格
  • 仲介手数料(報酬金額)

 

媒介契約の種類と違い

媒介契約には、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3つになります。

 

専属専任媒介契約(せんぞくせんにんばいかいけいやく)

専属専任媒介契約は、依頼できる不動産会社が1社になります。他の不動産会社に依頼することはできません。また、本人が直接買主を見つけてきて直接契約するということはできません。なお、不動産会社は、売主は2週間に1回以上の状況報告が義務付けられます。

 

専任媒介契約(せんにんばいかいけいやく)

専任媒介契約は、依頼できる不動産会社が専属専任媒介契約と同様に1社のみになります。他の不動産会社に依頼することはできません。また、本人が直接買主を見つけてきた場合直接契約することが可能です。この点が専属専任媒介契約と異なる点です。なお、不動産会社は、売主に1週間に1回以上の状況報告が義務付けられます。

 

一般媒介契約(いっぱんばいかいけいやく)

一般媒介契約は、依頼できる不動産会社が複数となります。また、専属専任媒介契約や専任媒介契約のような状況報告の義務はありません。

 
 
 

専属専任媒介、専任媒介、一般媒介のメリット・デメリット

媒介契約は、専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約と3種類があります。ここで説明を簡素化するため、「専任媒介」と「一般媒介」に分けて比較していきます。

結論からいうと、メリット・デメリットがあるので賛否両論だと思います。専任媒介で頼む人もいれば、一般媒介で2~3社に頼む人もいます。その中であえて自分の意見を言うならば、私は信頼できる不動産会社、担当者を知っているので専任媒介を選びます。

 

専任媒介のメリットは、下記の通りです。

①競合他社がいない状態なので不動産会社が注力してくれる。

②大手不動産会社の場合、設備保証やハウスクリーニングなどの特典がついてくる。

③窓口が1つのため、対応が楽である。

※なかには、専任媒介契約を締結すれば、仲介手数料無料をうたう不動産会社もあります。よく考えてみるとわかりますが、その不動産会社が仲介手数料無料とした場合、どこから報酬を貰うのでしょうか。この不動産会社は、買主から手数料を必ずもらう必要が出てきます。そのため、不動産情報を抱え込み、自社の顧客のみで契約しようとします。結果、例えば6000万が相場だとしても、5500万までの顧客しかいないという悪循環に陥ってマイナスとなることがあります。ご注意ください。

 

一般媒介契約のメリットは、下記の通りです。

①複数社に依頼することによって窓口を多くし、高値売却の可能性は出てきます。

②専任媒介で信頼できる、動きのいい、営業力のある担当者にあたらないとかなりのマイナス要因ですが、一般媒介ではそういったリスクは複数に頼むため避けられます。

 

まとめ

専任媒介と一般媒介は、メリット・デメリットがあります。その内容をよく理解したうえで決めましょう。

 

 

 

© 2017 KEIICHI