ローリスク不動産投資

不動産のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

媒介契約のおすすめは「専任媒介契約」その理由は!?

f:id:keiichi2017:20171210182903j:plain

「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」

不動産を売却する際に、不動産会社と「媒介契約」を締結します。媒介契約には、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類があります。1つずつ見ていきましょう。

 

専属専任媒介契約(せんぞくせんにんばいかいけいやく)

専属専任媒介契約は、依頼できる不動産会社が1社になります。他の不動産会社に依頼することはできません。また、本人が直接買主を見つけてきて直接契約するということはできません。なお、不動産会社は、売主に1週間に1回以上の状況報告が義務付けられます。

 

専任媒介契約(せんにんばいかいけいやく)

専任媒介契約は、依頼できる不動産会社が専属専任媒介契約と同様に1社のみになります。他の不動産会社に依頼することはできません。また、本人が直接買主を見つけてきた場合直接契約することが可能です。この点が専属専任媒介契約と異なる点です。なお、不動産会社は、売主に2週間に1回以上の状況報告が義務付けられます。

 

一般媒介契約(いっぱんばいかいけいやく)

一般媒介契約は、依頼できる不動産会社が複数となります。また、専属専任媒介契約や専任媒介契約のような状況報告の義務はありません。

 

なお、媒介契約の注意点がいくつかあります。

①媒介契約の期間は、3ヶ月以内とされています。そのため、2ヶ月の契約としても問題ありません。逆に3ヶ月以上とした場合は、有効期限は3ヶ月とみなされます。

②専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約ともに手数料の上限は、売買価格の3%+6万円+消費税となります。中には、専任媒介契約を締結した場合は、手数料割引があるといった会社もあると思います。確認してみましょう。

 

www.fudousantousinavi.com

 

「一般媒介契約」「専任媒介契約」のメリット・デメリット

一般媒介契約のメリットは、複数の会社に依頼することができるので広告数が増えます。そのため、顧客への情報伝達という意味でプラスです。ただし、あまりにも一般媒介契約で不動産会社の数を増やしすぎるものよくないでしょう。次にデメリットですが、複数の不動産会社に依頼することによって、内覧の調整等が大変です。

 

専任媒介契約のメリットとしては、窓口が一元化できるため、内覧調整などはその会社にすべてお任せできます。また、不動産会社の担当者も専任媒介契約の場合、専属の担当となりますので、売却に向けて努力してくれるでしょう。次にデメリットですが、自社で両手取引を固執しすぎると、広告料が減ってしまいます。また、悪意がある不動産会社だと売却情報を隠すこともありますので注意が必要です。

 

媒介契約のおすすめは「専任媒介契約」その理由は!?

信頼できる不動産会社の担当者がいる場合は、専任媒介契約がおすすめです。実際に、私もマイホームを売却したことがありましたが、専任媒介契約を選んでいます。もちろん、専任媒介契約を結ぶ前の査定の段階では、複数社に査定を依頼して売却価格をしっかり把握したうえで選んでいます。

 

© 2017 KEIICHI