ローリスク不動産投資

不動産投資のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

区分所有所有の重要事項⑤:専用使用権とは!?

f:id:keiichi2017:20170326134611j:plain

専用使用権

専用使用権とは、一般的にマンションの敷地、共用部分及び付属施設の一部を特定の者が、排他的に使用できる権利をいいます。

一般的には、マンションで「バルコニー」「玄関扉」「窓ガラス」「専用庭」「ルーフバルコニー」があります。また、マンションによって専用使用権が認められている「駐車場」「駐輪場」「トランクルーム」等があります。なお、「駐車場」「駐輪場」等は、専用使用権は認められてないが、管理組合等との使用契約による場合があるので注意が必要です。

 

重要事項説明書に記載される内容

専用使用権が認められているものについて記載があります。例えば、バルコニー等上記であげた例のものです。バルコニーは、その区分所有者が専用使用をすることができ、通常使用料はかかりません。そういった詳細の内容、使用部分、面積、専用使用権の期間、専用使用料などが記載されます。また、駐車場で専用使用権が認められていなく管理組合との使用契約が必要なものもその旨の説明がされます。

 

【記載例】

・バルコニー:本物件付設部分 面積8.6㎡ 区分所有権存続中無償

・玄関扉、窓枠、窓ガラス:本物件付設部分 無償

 

(使用契約に基づく駐車場)

・管理組合との使用契約に基づく駐車場:

年1回の利用希望者の抽選により利用者が決定します。

月額使用料8,000円~18,000円、使用権の承継はできません。

現在、空きはありません(平成29年6月4日現在)

 

(専用使用権に基づく駐車場)

・専用使用権に基づく駐車場:駐車場区画23区画 別途管理組合と駐車場賃貸借契約が必要となります。駐車場使用料は、月額金12,000円

© 2017 KEIICHI