ローリスク不動産投資

不動産投資のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

司法書士報酬報酬ってどれくらい!?

f:id:keiichi2017:20170916081702j:plain

司法書士報酬ってどれくらい?

不動産売買を行うとき、所有権移転登登記等を司法書士に頼みます。その金額は、大きいため気になることも多いでしょう。まず、司法書士に支払う金額は、「登録免許税・印紙税」「報酬額」に分けられます。登録免許税・印紙税は、税金であって、司法書士の懐に入るものではありません。あくまで司法書士に預けて払ってもらっているものです。そのため、司法書士への報酬は、報酬額のみです。

 

司法書士の報酬について、過去には、司法書士報酬規程(旧司法書士報酬規程)というものが存在していました。現在この規定は、規制緩和の流れを受けて使われていません。そのため、価格設定は自由になっています。しかし、当然相場もありますし、それを把握しておくことも必要であると思います。

 

なお、日本司法書士会連合会が司法書士報酬のアンケートを実施し、それを公開しています。つまり、現在司法書士報酬の価格設定は、自由になりましたが、「司法書士の報酬は、その額や算定方法・諸費用を明示し、依頼者との合意によって決定する」ということになっています。

 

不動産仲介会社の立場では、多くの司法書士と知り合います。売主の指定の司法書士、買主の指定の司法書士、仲介会社が紹介してきた司法書士、金融機関指定の司法書士、その中で報酬額が高いなと感じることもあります。そんな時は、「もう少しなんとかなりませんか?」と聞いてみましょう。もちろん金額にもよると思いますが、おおむねご了承してくださることが多いです。相場より高い時は相談することも一つの手段かと思います。

 

日本司法書士会連合会 | 司法書士の報酬

© 2017 KEIICHI