ローリスク不動産投資

不動産投資のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

新耐震基準と旧耐震基準の違いは?

f:id:keiichi2017:20170903094033j:plain

耐震基準とは?

建物には、新耐震基準といわれるものと旧耐震基準と言われるものがあります。何が違うのでしょうか。本日は、この点にスポットをあてて説明していきます。耐震基準とは、建築物の設計において適用される地震に耐えることのできる構造の規準をいいます。

 新耐震基準と旧耐震基準の違いは?

旧耐震基準は、1981年(昭和56年)5月31日までの建築確認において適用されていた基準をいいます。新耐震基準は、1981年(昭和56年)6月1日以降の建築確認において適用された基準をいいます。

 

旧耐震基準は、震度5強程度の揺れでも建物が倒壊せず、破損したとしても補修することができる可能な構造基準として設定されています。新耐震基準は、震度6強~7程度の揺れでも倒壊しないような構造基準として設定されています。

 

なぜ新耐震基準ができたのか?

耐震基準は、1971年、1981年、2000年に改正が行われています。その中で1981年の改正では耐震基準の大きな見直しが行われ、上記の説明の通り、「旧耐震基準」「新耐震基準」と呼ばれるようになっています。

 

では、なぜ新耐震基準が出来たのでしょうか。それは、1978年に発生した「宮城県沖地震」で莫大な建物の倒壊被害が発生したことが大きな要因と言われています。その被害を踏まえて施行されたのが新耐震基準であり、1981年に改正された内容となっています。

© 2017 KEIICHI