ローリスク不動産投資

不動産投資をいかにリスクを最小限にするか、不動産投資への独自コメント、豆知識、不動産投資本の紹介を通してお話していきます

新築アパート⑧清掃局への念書提出って!?

f:id:keiichi2017:20170806102713j:plain

新築アパートを建築する際は、「事前に清掃局と協議」!?

新築アパートなどの集合住宅を建築するときは、事前に清掃局に協議をしにいきます。これは、廃棄物保管場所(ゴミ置場)の設置に関して建物が建つ前に協議をして決めておくということです。

 

主な協議内容は、下記の通りです。

  1. 廃棄物保管場所
    可燃・不燃ごみを分別して収集日まで保管する場所の設置
  2. 再利用対象物保管場所
    資源を古紙(新聞紙・段ボール・雑誌類)、ガラスびん、缶、ペットボトルに分別して収集日まで保管する場所の設置
  3. 集積所等
    資源・ごみの容器等を収集日に持ち出す所の位置

新築アパートを建築する際は、計画段階で、建設地を管轄する清掃局と事前協議します。つまり検査機関への建築確認申請等を行う前の話になります。この作業自体は、業者がやることですのでオーナーが行うことはないようでしょう。こういった作業がされているということだけ覚えておけばと思います。

 

新築アパート完成後に清掃局に「念書」を提出!?

新築アパートが完成した後、清掃局に念書を提出します。これは、オーナーが提出するというより管理会社が提出します。私が実際に提出した念書をもとに内容を確認していきましょう。なお、自治体によって内容及び手順は異なります。

 

  1. ごみ保管をするごみストッカーは、平面図に記載のあるとおり道路に接して設置し、ステッカー前面は常に開放状態とします。
  2. ごみストッカーは常に清潔を保つようにいたします。
  3. ごみストッカーの取扱い及び管理について、区の収集業務の遂行に支障のないようにするとともに、近隣住民等から苦情等の問題が生じた場合は、責任をもって解決することをお約束いたします。
  4. ごみストッカーは清潔に保つようにその管理を、管理会社に委託するとともに事業主も管理いたします。
  5. ごみストッカーの大きさに不足が生じた場合は、区の指示に従い速やかにストッカーの増設等の対応をいたします。
  6. ごみストッカーの保守・点検は管理会社が行い、収集時に故障した場合でも事業主が修理等を行い、区に一切責任が無いことをお約束いたします。
  7. 管理会社に委託する場合は、この念書があることを申し伝え、上記の項目にかかる件については、責任をもって解決いたします。

 

 

まとめ

基本的にオーナーが行うことは、あまりありませんが、流れは押さえておく必要があるかと思います。共同住宅等を建築する場合は、建築確認申請前に清掃局にゴミ置場の設置等について協議をします。

 

そして、建物完成後に清掃局とお約束をすることになります。私が提出した書類の6番の収集時にごみストッカーが故障した場合もオーナー負担だということは少し違和感を感じますが、その他の内容については、一般的なものかと思います。

 

また、最近では、きちんとゴミが分別されていないと、清掃局はゴミ収集をしてくれません。これは、お住いの方が分別していないケースもあれば、通行人が捨てていっているケースもあります。そのため、管理会社もしくはオーナーがこまめに現地を確認することが必要ですね。

© 2017 KEIICHI