ローリスク不動産投資

不動産投資のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

不動産投資における「火災保険・地震保険以外に入るべき保険はある?」

f:id:keiichi2017:20170709175110j:plain

不動産投資における「火災保険・地震保険以外に入るべき保険はある?」

不動産投資において金融機関からの融資条件として火災保険に入ります。地震保険については、物件ごとに入るべきか吟味するかと思います。もともと、地震保険は入らない方も多いと思いますが、東日本大震災以降は、地震保険に入る方も増えた印象です。今回の記事では、不動産投資において火災保険・地震保険意外に入るべき保険はあるかをお話していきたいと思います。

 

検討すべき保険として、施設賠償責任保険というものがあります。施設賠償責任保険とは、第三者に身体的傷害や財物損壊を与えた場合に、法律上賠償責任を負担することによって被る損害を保険金として支払うものです。

 

投資用不動産において、①建物の不備で入居者がけがをしたり、②アパートの壁が剥落して道路を歩いていた人にけがを負わせた場合など、物件の安全性の不備や構造上の欠陥によって、オーナーに賠償責任が発生することがあります。

 

こういった場合、損害の金額が大きくなることも想定されます。特に建物が古い物件などには注意が必要であり、加入するか検討すべきだと思います。見積もりをとる時に施設賠償責任保険も一緒に見積もりを取るといいと思います。そんなに支払額は高くないはずです。私も入っています。

© 2017 KEIICHI