ローリスク不動産投資

不動産投資のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

東京の水道水は、飲めるのか!?

f:id:keiichi2017:20171019220601j:plain

日本の水道水はそのまま飲めるのか?

世界の中でも水道水を直接飲める国というのは少ないです。日本の水道水は、塩素消毒をして殺菌しています。そのため、水道水をそのまま飲む方も多いでしょう。

 

しかし、この塩素は人の体に有害なものです。よく水道水にはカルキ臭があると言われますが、それは塩素によるものです。水道水をまずいと感じる原因の一つはカルキでしょう。そのため、水道水を直接飲まず、浄水器をつけてろ過して飲んだり、ミネラルウォーターを飲む方もいます。

 

 水道水に危険性はあるのか!?

水道水は、塩素消毒によって殺菌されています。しかし、塩素消毒された水道水を、各家庭まで運ぶための配管の状況はどうなっているのでしょうか?この配管は、1980年代まで鉛製の給水管を使用しています。古い鉛製の給水管は、サビが出てしまっているものがあります。いくら塩素消毒で殺菌されていても、サビている配管を通ってくる水道水は、安全なのかは疑問が残るところです。

 

 

 東京の水道水の状況は?

東京都の水質検査は、下記の通りです。東京都の場合、東京都水道局のホームページで毎年の水質検査結果を公表しています。

www.waterworks.metro.tokyo.jp

 

東京都の水道水源については、下記で公表されています。東京都内でも地域によって水源は異なりますが、ここで確認することができます。

www.waterworks.metro.tokyo.jp

 

東京都水道局の「残留塩素の低減化」を目指しています。

www.waterworks.metro.tokyo.jp

 

東京都の水道水は、飲むことができます。東京都では、残留塩素の低減化にも力を入れています。それでも気になる方は、浄水器でろ過したり、ミネラルウォーターを飲むといいでしょう。

 

 

© 2017 KEIICHI