ローリスク不動産投資

不動産のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

隅切り部分の面積は建ぺい率・容積率に算入されるの!?

f:id:keiichi2017:20180129220528j:plain

隅切りとは?

隅切り(すみきり)とは、交差する道路の角を曲がりやすくするため、見通しをよくするために、敷地の角を切り取ることをいいます。

隅切りの整備については、自治体によって異なります。空地にすることだけ定めている場合もあれば、道路状に整備することを義務付けている場合もあります。

また、隅切りが必要となる敷地を「一定の幅員未満の道路」としていますが、自治体によって、一定の幅員というのが、「接する道路のいずれも6m未満」という場合もあれば、「2つの道路の幅員の合計が12m未満」という場合もあります。

 

 

隅切り部分の面積は、建ぺい率・容積率に算入されるのか?

まず、不動産売買において隅切り部分は、売買対象面積に含まれていることが一般的です。建物が建てられない部分について金銭が発生することに違和感を感じるかもしれません。

しかし、建築確認において建ぺい率や容積率の計算をする際の敷地面積には、この隅切り部分の面積を算入して計算することができるのです。つまり、隅切り部分が売買対象面積に含まれると言っても価値がないというわけではないのです。

 

 

 

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

 

© 2017 KEIICHI