ローリスク不動産投資

不動産投資のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

重要事項説明書32:耐震診断

f:id:keiichi2017:20170326134611j:plain

新耐震基準と旧耐震基準の違いは?

1981年(昭和56年)に耐震基準が大きく改正され、新耐震基準が誕生しました。新耐震基準と旧耐震基準との違いはなんでしょうか。旧耐震基準は、「震度5程度の地震でも倒壊しないこと」という基準で、新耐震基準は、「震度6強以上の地震でも倒壊しない」という基準です。

 

具体的に基準となる日は?

基準日は、1981年(昭和56年)6月1日以降に建築確認を受けたものは、新耐震基準となります。逆に昭和56年5月31日以前に建築確認を受けたものは、旧耐震基準となります。

 

重要事項説明書では耐震診断の何を説明されるのか?

まずは、旧耐震(昭和56年5月31日以前に建築確認を受けたもの)に該当するかどうかです。次に旧耐震基準の建物で耐震診断の有無について記載をします。耐震診断の記録がある場合を、その内容を記載します。なお、耐震診断の記録で、耐震基準に適合していない場合は、買主に重要事項説明書をもって説明されます。

 

 

© 2017 KEIICHI