ローリスク不動産投資

不動産のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

建物を建てられる地目は宅地だけか?

f:id:keiichi2017:20180129225713j:plain

地目ってどんなものがあるの?

不動産登記法により土地の表示に関する登記事項は、土地の所在、地番、地目、地積、登記原因、登記年月日等となっています。地目は、土地の主たる用途によって、23種類に区分されています。

 

  • 宅地:建物の敷地及びその維持若しくは効用を果たすために必要な土地
  • 田:農耕地で用水を利用して耕作する土地
  • 畑:農耕地で用水を利用しないで耕作する土地
  • 学校用地:校舎、付属施設の敷地および運動場
  • 鉄道用地:鉄道の駅舎、付属施設及び路線の敷地
  • 塩田:海水を引き入れて塩を採取する土地
  • 鉱泉地:鉱泉(温泉を含む)の湧出口及びその維持に必要な土地
  • 池沼:かんがい用水でない水の貯留地
  • 山林:耕作の方法によらないで竹木の生育する土地
  • 牧場:家畜を放牧する土地
  • 原野:耕作の方法によらないで雑草、かん木類の生育する土地
  • 墓地:人の遺体又は遺骨を埋葬する土地
  • 境内地:境内に属する土地であって、宗教法人法第3条第2号及び第3号に掲げる土地
  • 運河用地:運河法第12条第1項第1号又は第2号に掲げる土地
  • 水道用地:専ら給水の目的で敷設する水道の水源地、貯水池、ろ水場又は水道線路に要する土地
  • 用悪水路:かんがい用又は悪水はいせつ用の水路
  • ため池:耕地かんがい用の用水貯留地
  • 堤:防水のために築造した堤防
  • 井溝:田畝又は村落の間にある通水路
  • 保安林:森林法に基づき農林水産大臣が保安林として指定した土地
  • 公衆用道路:一般交通の用に供する道路
  • 公園:公衆の遊楽のために供する土地
  • 雑種地:上記のいずれにも該当しない土地

 

建物を建てられる地目は、「宅地」だけなのか?

宅地は、建物の敷地及びその維持若しくは効用を果たすために必要な土地です。つまり、宅地であれば、建物を建てることはできます。

では、山林や原野、雑種地は、どうでしょうか?山林や原野、雑種地は、建築基準法の制限を受けないため、建物を建築することが可能です。田や畑は、どうでしょうか?田や畑は農地法によって制限がされています。転用することができれば、建物を建てることができるようになります。

なお、登記上の地目に変更があった場合には、その土地の所有者が、地目に変更があった日から1ヶ月以内に、地目変更登記を申請しなければいけません。つまり、山林、原野、雑種地、田・畑(転用して)に建物を建てた場合は、宅地に変更することが必要です。

 

 

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

 

© 2017 KEIICHI