ローリスク不動産投資

不動産投資のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

転入届と転出届を提出する期限は?

f:id:keiichi2017:20171014221701j:plain

転入届と転出届

引越しをして、住所が変更となる場合、役所で手続きを行う必要があります。これは、住所変更をしなければ、国民健康保険や住民税の課税、選挙権がなかったりするためです。

住所変更手続きには、「転出届」「転入届」「転居届」があり、住民異動届を提出することで手続きを行うことができます。なお、他の市区町村へ引越しした場合は、「転出届」と「転入届」、同一の市区町村へ引越しの場合は、「転居届」となります。

 

 

転入届と転出届の手続き方法と期限

他の市区町村へ引越しした場合、今まで住んでいた市区町村に「転出届」を提出して「転出証明書」を発行してもらいます。そして、新しく住む市区町村へ「転出証明書」と「転入届」を提出することになります。なお、転入届は転出届を出した転出日から14日以内と定められています。転入届の提出が遅れた場合は、過料が課される場合があります。

同一市区町村内での引越しは、転居届を提出することになります。

 

 

住民基本台帳法第23条 転居届

転居(一の市町村の区域内において住所を変更することをいう。以下この条において同じ。)をした者は、転居をした日から十四日以内に、次に掲げる事項を市町村長に届け出なければならない。
一  氏名
二  住所
三  転居をした年月日
四  従前の住所
五  世帯主についてはその旨、世帯主でない者については世帯主の氏名及び世帯主との続柄

 

役所に行けない場合は?代理で委任状

自分が役所に行けない場合、代理人にお願いすることができます。転出届、転入届共に代理人に依頼できます。代理人が役所で手続きを行う場合、本人の捺印のある委任状が必要となります。該当する役所のホームページからダウンロードして使います。

委任状には、代理人の「住所」「氏名」「連絡先」と「委任する内容の記載」と本人の「住所」「氏名」「連絡先」「本人の捺印」が必要となります。

 

 

© 2017 KEIICHI