ローリスク不動産投資

ローリスク不動産投資

不動産投資をいかにリスクを最小限にするか、不動産投資への独自コメント、豆知識、不動産投資本の紹介を通してお話していきます

重要事項説明書30:津波災害警戒区域

f:id:keiichi2017:20170326134611j:plain

津波災害警戒区域

 津波防災地域づくりに関する法律に基づく「津波災害警戒区域」は、国交省が定める津波防災地域づくりの推進に関する基本的な指針にもとづき、ハザードマップの作製、津波避難訓練の実施、指定避難施設の指定等の非難の円滑化の措置を講じることとされています。

 

津波防災地域づくりに関する法律の目的

この法律は、津波による災害を防止し、又は軽減する効果が高く、将来にわたって安心して暮らすことのできる安全な地域の整備、利用及び保全(以下「津波防災地域づくり」という。)を総合的に推進することにより、津波による災害から国民の生命、身体及び財産の保護を図るため、国土交通大臣による基本指針の策定、市町村による推進計画の作成、推進計画区域における特別の措置及び一団地の津波防災拠点市街地形成施設に関する都市計画に関する事項について定めるとともに、津波防護施設の管理、津波災害警戒区域における警戒避難体制の整備並びに津波災害特別警戒区域における一定の開発行為及び建築物の建築等の制限に関する措置等について定め、もって公共の福祉の確保及び地域社会の健全な発展に寄与することを目的としています。

 

 

東日本大震災からの教訓

平成23年3月11日に発生した東日本大震災は、それまでの想定を大幅に上回る津波等により、東日本の太平洋沿岸の広範に甚大な被害をもたらし、多くの人の命を奪う結果となりました。国は、津波の災害の防止、将来にわたって安心して暮らすことのできる地域づくりをしていくことを目的として「津波防災地域づくりに関する法律(平成 23 年法律第 123 号)」を平成 23 年 12 月に施行されました。

 

重要事項説明書には、対象不動産が津波災害警戒区域内か否かの説明がされます。

© 2017 KEIICHI