ローリスク不動産投資

不動産のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

仲介手数料 増税のタイミングは!?

f:id:keiichi2017:20190825212346j:plain

仲介手数料 増税のタイミングは?

 

不動産の仲介手数料に消費税ってかかるの?

不動産仲介会社は、事業として仲介ビジネスを行っているため、不動産仲介手数料は消費税が課税されます。不動産の売却・購入時などの諸経費の計算では忘れずに織り込んでおきましょう。

また、注意点が一つあります。不動産仲介手数料の消費税は、売買代金の消費税抜き価格に対して課税されるものです。例をあげて話をしていきます。

 

  • 売買代金(税込):4160万円
  • 売買代金(税抜):4000万円
  • 土地代金:2000万円
  • 建物代金:2000万円
  • 建物消費税:160万円

 

この場合、仲介手数料は、4000万円に対して仲介手数料がかかってきます。

(4000万円×3%+6万円)×1.08=136万800円

 

 

仲介手数料増税のタイミングは?

わが国では、2019年10月に消費税が10%に増税になります。仲介手数料が増税されるタイミングはいつなのでしょうか。見ていきたいと思います。

 

不動産仲介に係る消費税に関する経過措置について

2019年10月1日より消費税の税率が10%に引き上げられ、あわせて所要の経過措置が設けられることになりました。不動産仲介に係る消費税等についても経過措置が適用対象となっています。

 

f:id:keiichi2017:20190828112753j:plain

国交省「不動産仲介契約に係る消費税率の経過措置について」

具体例を一つ上げて説明しています。

「2019年4月1日以後10月1日前に仲介会社と媒介契約を締結し、不動産売買した契約において、10月1日前(不動産売買契約締結時)に仲介手数料の50%相当額を売上計上し、残額50%を2019年10月1日以降に物件の引き渡しを受けた場合、残額50%については、10%の税率が適用されます。」

 

仲介手数料の消費税を安くする方法

引渡しが2019年10月以降になる物件で、仲介手数料の消費税を8%で支払う方法はあるのでしょうか。これは、2019年4月1日以降10月1日までに売買契約をした際に、売買契約時に仲介手数料の全額を支払ってしまえば、その時の税率である8%とすることが出来ます。

契約時に仲介手数料の全額を支払ってしまうことには、多少抵抗感がある方もいると思います。しかし、消費税2%分というのも安くはありません。そのため、信頼している不動産仲介会社、信頼している担当者の場合は、この方法を使うことも一つの手段かと思います。 

 

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

 

© 2017 KEIICHI