ローリスク不動産投資

不動産のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

浦安市は、都市計画税がないのはなぜ!?

f:id:keiichi2017:20180715124118j:plain

固定資産税と都市計画税

固定資産税とは?

固定資産税とは、毎年1月1日(賦課期日)現在の土地、家屋及び償却資産(これらを「固定資産」といいます。)の所有者に対し、その固定資産の価格をもとに算定される税額をその固定資産の所在する市町村が課税する税金です。

現在、固定資産税の標準税率は、1.4%となっています。

 

都市計画税とは?

都市計画税とは、毎年1月1日(賦課期日)現在の土地又は家屋の所有者として、固定資産課税台帳に登録されている所有者に対して課税されます。

また、都市計画税は、都市計画事業又は土地区画整理事業に要する費用に充てるために、目的税として課税されるものです。なお、都市計画法による都市計画区域のうち、原則として市街化区域内に存する土地及び家屋が対象になります。

都市計画税の制限税率(上限)は0.3%になります。

 

浦安市は都市計画税がないのはなぜ!?

 浦安市では、現在都市計画税が課税されていません。なぜでしょうか。今一度、都市計画税の趣旨を見てみると「都市計画事業又は土地区画整理事業に要する費用に充てるために、目的税として課税される」ものとされています。

つまり、自治体の懐事情によって異なると考えられます。浦安市は、東京ディズニーランド&東京ディズニーシーがあります。東京ディズニーランド&東京ディズニーシーを運営しているのは、オリエンタルランドですが、彼らが浦安市の税収アップに貢献していることも少なくないでしょう。従って、浦安市が他の自治体と比べて裕福であるということは間違いないでしょう。

 

また、浦安市は成人式が東京ディズニーランドで執り行われます。一生に一度の成人式を東京ディズニーランドで行えるということは、若者にとって魅力的なことでしょう。

 

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

 

© 2017 KEIICHI