ローリスク不動産投資

不動産のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

仲介会社から優良物件を紹介してもらう3つの方法!

f:id:keiichi2017:20180120130959j:plain

なぜ、仲介会社は優良物件を転売業者に紹介するのか?

不動産の物件情報は、大きく分けて公開されている物件と未公開の物件があります。傾向としては、公開されている物件は、相場と同じか相場より高い物件が多いです。未公開物件は、相場より安い物件が出る可能性が高いです。

未公開物件は、例えば「不動産仲介会社が意図的に未公開にしているケース」「任意売却で未公開の物件」などがあります。より具体的な話をすると、相場より安い物件は、①売り急ぎ案件。離婚、転勤、競売前の任意売却、企業の決算前案件②競売案件、任意売却案件などなどあります。

 

では、なぜ優良物件は、一般のエンドユーザーに紹介されず、転売業者(不動産会社)に紹介されるのでしょうか。下記の図で確認していきましょう。

 

f:id:keiichi2017:20180128191802j:plain

 

 

f:id:keiichi2017:20180128191819j:plain

パターン①は、エンドユーザーに優良物件を紹介した場合の仲介会社の手数料です。両手取引で最大6%を狙えに行きます。パターン②は、転売業者に優良物件を紹介した場合の仲介会社の手数料です。両手取引を2回狙いに行きます。この場合、最大12%の手数料を狙えにいけるということです。

さて、もし皆様が不動産仲介会社であった場合、どちらを選択するでしょうか。どちらが利益を上げられるでしょうか。

 

www.fudousantousinavi.com

 

仲介会社から優良物件を紹介してもらう3つの方法とは?

上記でお話した通り、仲介会社は、優良物件を基本的には転売業者に紹介するでしょう。では、エンドユーザーはどうやったら、優良物件を紹介してもらえるようになるでしょうか。

 

1.現金を多く持つこと

仲介業者は、現金購入できるお客様は、優良顧客と考えます。ローンで購入できないということがなくなるからです。また、融資枠があったり、既にローンの実績があり、融資利用の目途がたっている場合は、現金客ほどではないものの、仲介会社もある程度安心して物件を紹介してくれるでしょう。

 

2.取引実績を開示する

仲介会社に取引実績を伝えましょう。既に購入している物件の話や探している物件の条件を伝えることによって、仲介会社がより的確な物件を紹介してくれます。例えば、今のマーケットで利回り15%の物件を探しているといったら、物件は紹介してくれないでしょう。現実的な条件で、どんな物件をどのエリアでいつまでに探しているのかを明確に仲介会社に伝えるといいでしょう。

 

3.信頼できる業者には、お任せスタンス

仲介会社は、プロの転売業者に紹介するもう一つの理由は、面倒くさくないためです。素人のエンドユーザーに紹介して、優良物件でありながら、あれもこれもと条件を付けられたくないのです。信頼できる業者がいて優良物件であればある程度、業者にお任せしましょう。

 

 

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

 

 

© 2017 KEIICHI